Search ...Mojo Workin'

Recent Posts

Categories

Cameras

Archives

Recent Comments

Meta

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted at --.--.--  --:-- -- | スポンサー広告

David Grisman & Tony Rice / Tone Poems ('94)

 
David Grisman & Tony Rice / Tone Poems ('94)
デヴィッド・グリスマンとトニー・ライスによるデュエット・アルバム「Tone Poems」。各曲毎に半端じゃなく貴重そうなヴィンテージのギターとフラットマンドリンが使われてて、ブックレットに1曲につき見開き2ページを割いて写真と楽器の説明が載せられている(英語)。一番古いのでマーチンの1-21ってやつで1891年製!なのだそう。クラレンス・ホワイト→トニー・ライス所有のマーチンD-28のラージサウンドホールも載ってるなぁ。ビッグ・ビル・ブルーンジーで有名なギブソンStyle"O"とか。最後の曲のみ新しい楽器で、ギターはラージサウンドホールを再現したサンタ・クルーズのトニー・ライス・モデルだったり。それにしてもどれもこれも美しいサウンド。フラットマンドリンの音ってなんて美しいんだろうって改めて思ってしまうな。二人の演奏も、力抜けまくりだけど優雅な感じ。録音も妙なリバーブやイコライジングのないいい塩梅の音だと思う。
瓦でできた壁
Konica C35 Flashmatic / Hexanon 38mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
関連記事
posted at 02.16.2007  01:58 Fri | Comment : 0 | Trackback : 0 | Acoustic instrumental

Comment

  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Password   Secret

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。