Search ...Mojo Workin'

Recent Posts

Categories

Cameras

Archives

Recent Comments

Meta

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted at --.--.--  --:-- -- | スポンサー広告

Keith Jarrett / Vienna Concert ('92)

 
Keith Jarrett / Vienna Concert ('92)
キース・ジャレットの「ウィーン・コンサート」。静寂なコラール的パートから始まるも中盤から突如雷に打たれたかのように激しく無調に片足突っ込んで獰猛に弾き倒す展開がしびれる。この演奏はケルンみたいにキャッチーじゃないぜ。キース・ジャレットが気分を害して何度か演奏を中断したあげく尻切れでコンサートを切り上げた件、これはたぶん大阪のお客がよっぽどひどかったんやないやろか? カメラ向けたり本人に話しかけたヤツがいたそうだし。
ネットでは、ジャズとは本来騒がしい音楽じゃなかったか云々みたいな意見もあるようだけどそもそもジャズとは…みたいな前提がちがう気がするな。キースの即興ソロがジャズか否かは全然問題じゃないと思う。決して高尚なばかりの音楽じゃないと思うし物音ひとつたてずに聴かなきゃいけないってわけでもないと思うんだけど、いわゆる気に障る雰囲気があったんじゃないやろか? そうとしか考えられない。演奏を中断した行為の是非はともかくとして。でもほとんどの良心的なお客さんはほんとに気の毒。主催者はあらかじめライブレコーディングのアナウンスくらいはしてたんやろか?
ところでワイト島のフェスでマイルスのバンドでオルガンを弾く若きキース・ジャレットにはひどい狂気を感じるけど、何ら主題を持たずにピアノに向かい即興演奏する姿にも高尚さというよりもマイルス・バンド同様の過激さを感じる。「The Köln Concert」や「Solo-Concerts」みたいに長尺だけどよくよく聴けば普段ロックばっかり聴いてる者の耳にも意外に明快な構成だったり。いわゆるジャズ云々で聴いてもキースのソロピアノは電化後のマイルス同様あんまり面白くないと思うな。
ガチャガチャ若い太郎の塔
Nikon D7000 / AF Nikkor 50mm f1.4D
スポンサーサイト
posted at 05.06.2014  03:27 Tue | Comment : 0 | Jazz

Charles Mingus / Presents Charles Mingus ('61)

 
Charles Mingus / Presents Charles Mingus ('61)
チャールズ・ミンガスの所謂「ミンガス・プレゼンツ・ミンガス」。「Charles Mingus Presents Charles Mingus」のどこからどこまでがタイトルなのだ? ぼくのLPは左右びっちり分断されたステレオ盤で真ん中がスカスカ。むーん、これではちょっと興ざめだ。国内盤CDはモノ・リマスターで良さげだけどちょと高いなぁ。アナログのモノ盤をふとした拍子にどこかで激安で手に入れたいな。なんしかヤクザ風情とアヴァンギャルドが同居した強烈なアルバム。ミンガス、ドルフィーはもとより、テッド・カーソンのプレイが素晴らしい。
ガマの油のプレゼン中はまだまだ続く
Nikon F / Nikkor-N Auto 24mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 09.06.2012  11:30 Thu | Comment : 0 | Jazz

Mal Waldron / All Alone ('66)

 
Mal Waldron / All Alone ('66)
マル・ウォルドロンのソロピアノ「オール・アローン」。全編沈鬱なムードに支配されたアルバム。ぼくのレコードはジャケ裏に日本語で解説が書かれてるような古い国内盤LPなのだけど、あかん音といえばそうなのかもしれないけど、そのくぐもった暗いサウンドがこのアルバムに相応しい気がしてしっくりくるな。そしていびつに揺らぐリズムやトリルに更に心揺さぶられるのだなぁ。そういえばジャケのタイポグラフィ…左上にMal Waldronと書かれてるすぐ横に小さく「Pianist」とあるんだけど最初、というかしばらくの間「Painist」って書いてるのかと思ってた。演奏があまりにも暗いから自虐的なジョークか何かで文字ってるんかと激しく思い込んででたよ。むーん
こころ痛める一匹の子犬
Zorki-1 Type-E / LZOS Industar-50 50mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 07.08.2012  07:10 Sun | Comment : 0 | Jazz

Ray Bryant / Alone At Montreux ('72)

 
Ray Bryant / Alone At Montreux ('72)
レイ・ブライアントの「Alone At Montreux」。タイトル通りモントルー・ジャズ・フェスティヴァルにおけるライブ録音。ゴスペルっぽさとディープなブルース・フィーリングがすごい際立ってる。明快さのなかにするっとインテリジェンスを忍ばせたようなプレイが素晴らしい。それにしても左手のタッチ強いなぁ。曲を重ねるごとに熱気を帯びていく観客の雰囲気、その反応を得て演奏がどんどん確信に満ちていく、みたいな最高なライブ・アルバムなのだな。
一枚が二枚、二枚が四枚、四枚が八枚、八枚が十六枚…
Nikon F / Nikkor-N Auto 24mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 04.22.2012  23:26 Sun | Comment : 0 | Jazz

Soulive / Turn It Out ('00)

 
Soulive / Turn It Out ('00)
ソウライブの1st「Turn It Out」。最近友人にお薦めされたファンクバンド。2ndからはBlue Noteからリリースなのね。ぜんぜん知らんかったよ。ジョン・スコフィールドが2曲でうりゃうりゃ弾いている。それはともかくハモンドB-3の音色を堪能できるのだな。特にフットペダルによる(?)ベースラインがよくシンコペイトしてかっちょいいな。片足でこんなに細かく弾けるものなのかしらんね? アタックのない太い音色がなんだか気色いい。BASSをぶいぶい効かせて聴こう。
ソウルフルなL型ビルだ
Nikon F / Nikkor-S Auto 35mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 05.13.2011  10:42 Fri | Comment : 2 | Jazz

Beverly Kenney / Sings for Playboys ('58)

 
Beverly Kenney / Sings for Playboys ('58)
ベヴァリー・ケニーの「Sings for Playboys」。基本的にエリス・ラーキンのピアノと、あとベースのみの歌伴によるアルバム。なんちゅうてもベヴァリーたんの歌声が素晴らしい。オーティスで有名な「Try A Little Tenderness」は和むのだなぁ。そうだ、今年はもっと穏やかな人でいるように心がけよう。そういえば2009年の年末ジャンボ、1万円が当たってることに引き換え期限の前日に気がついてギリギリで受け取ってきたよ。よっしゃよっしゃ。
イヤープレートにご馳走を盛りつけよう
Apple iPhone4
posted at 01.05.2011  10:41 Wed | Comment : 2 | Jazz

Miles Davis / Workin' ('60)

 
Miles Davis / Workin' ('60)
マイルス・デイヴィスの「ワーキン」。よく知られてる通り56年にたった2日間でアルバム4枚分を一気録りしたというマラソンセッションから組まれたアルバム。しょっぱなの「It Never Entered My Mind」がわかりやすくて好きなのだ。美しいピアノのイントロ2秒ででコロっとやられてしまう。っちゅうか音数の少ないマイルスのバラードプレイが好きなのだなぁ。というわけで今年一年お世話になった方々、ありがとうございました。どちら様も良いお年を。
鏡を見て自分の腕が老人っぽいことに気づいたのだ
Rolleiflex Automat III / Zeiss-Opton Tessar 75mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 12.31.2010  03:54 Fri | Comment : 4 | Jazz

Miles Davis / Kind of Blue ('59)

 
Miles Davis / Kind of Blue ('59)
マイルス・デイヴィスの「カインド・オブ・ブルー」。ライナーノーツにビル・エヴァンスによるインプロヴィゼーションについて日本の水墨画に例えたと思われるコメントが載っててすごい読み応えあるのだな。話は違うけど先日コリアンタウンでキムチを大量に買ってきたのだけど日に日に味が変わっていくのがおもしろい。スーパーで売ってるのって何かよからぬものを入れて安定させてるのだなぁ、って思い知るよ。そろそろ酸っぱいので炒め物に使わなきゃ、だぜ。
ここはガールズバーじゃない
Nikon F / Nikkor-H Auto 50mm f2 / Kodak Tri-X400
posted at 12.23.2010  04:25 Thu | Comment : 6 | Jazz

Bill Evans Trio / Portrait In Jazz ('60)

 
Bill Evans Trio / Portrait In Jazz ('60)
ビル・エヴァンス「ポートレイト・イン・ジャズ」。この間ちょっと失敗できない撮影があって、Lumix GF1と、レンズは純正ズームの14-45mm / f3.5-5.6、それにアダプターを付けたNikkor-S Auto 50mm / f1.4を持参。暗くて狭い屋内での撮影だったのだけど、ズームの方は背景のボケが足りんくてイマイチで、なんちゅうてもニッコール50mmの方がすごい活躍したよ。35mm換算で100mmの中望遠がf1.4だなんてすごいぞ。LVFは画素数が少なくて美しくないけどMFで拡大表示でピントを確認するには十分だな。二眼レフの拡大レンズ使ってるみたいだ。
ルミちゃんニコちゃんは仲良しだ
Apple iPhone 4
posted at 10.30.2010  16:22 Sat | Comment : 8 | Jazz

June Christy / Something Cool ('55)

 
June Christy / Something Cool ('55)
ジューン・クリスティーの「サムシング・クール」。大量のボートラが曲順ぐしゃぐしゃに入ったごっつあかんCDだけどこれで馴染んでしまったよ。シングル曲だったらしい「You're Making Me Crazy」が機嫌が良くていいな。「Something Cool」でバーニー・ケッセルのギターが聴こえる。そういえばずーと昔に聴き狂ってたリッキーリーの「Girl at Her Volcano」10inch盤の裏面に小さい字でカセットオンリーで「Something Cool」が入っているのだ、と書いてて、無知なぼくはどんな曲やねんってすごい気になった、ってことを思い出した。
クールなものを吸引するのは禁止です
Lumix GF1 / Lumix G 20mm f1.7 ASPH
posted at 10.29.2010  10:43 Fri | Comment : 0 | Jazz

Billie Holiday / The Complete Billie Holiday On Verve 1945-1959

 
Billie Holiday / The Complete Billie Holiday On Verve 1945-1959
ビリー・ホリデイの「The Complete Billie Holiday On Verve 1945-1959」をdisc 10から聴き始めた。これはまさに老婆の歌声だ。でも機嫌良く歌ってるライブ録音もあって少し和む。でもでもやっぱり最晩年のストリングスとの録音はきついなぁ。Disc 7「All Or Nothing At All」などのバーニー・ケッセルのプレイは素晴らしい。あとベン・ウェブスターの音色って美しいな。しかしビリーのピッチが怪しくて少し気持ち悪いわいな。
おでこのシワは老いとは関係ナッシンだ
Lumix GF1 / Lumix G 20mm f1.7 ASPH
posted at 10.25.2010  00:00 Mon | Comment : 2 | Jazz

Ella Fitzgerald / Song in Mellow Mood ('54)

 
Ella Fitzgerald / Song in Mellow Mood ('54)
エラ・フィッツジェラルドの「ソングス・イン・ア・メロウ・ムード」。同タイトルのLPに10inch盤の「ガーシュウィン・ソングス」8曲を加えたアルバム。なんちゅうても「Someone To Watch Over Me」が好きだ。好きというかよく知ってて落ち着くだけなのかな…。エラの声は太くて心地よく、夜中に黒霧を飲みながら聴くにはいいアルバムだ。ところでめっきり涼しくなってきたたのでそろそろたまったフィルムを現像しなきゃ。それよりも撮影に勤しまなきゃなぁ。
粋な噂を立てないで
Nikon F / Nikkor-H Auto 50mm f2 / Kodak Tri-X400
posted at 09.17.2010  02:03 Fri | Comment : 0 | Jazz

McCoy Tyner / Nights of Ballads & Blues ('63)

 
McCoy Tyner / Nights of Ballads & Blues ('63)
マッコイ・タイナーの「Nights of Ballads & Blues」。お盆の夜にまったり聴くにはいいアルバムだ。うっかりしたことにお酒を切らしてるのでダイエーオリジナルのみずくさい激安第3のビールを飲むよ。「'Round Midnight」のベースの途中と最後のリフがかっちょいいな。もうひとつのモンク曲「Blue Monk」はなんだか軽妙だ。そして「酒とバラの日々」はちょっとしんみりするなぁ。そういえばお庭の芝生は壊滅的な状態でしんみりだぜ。来年に懸けよう。
Nights of balloons & Taro
Lumix GF1 / Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-F5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
posted at 08.15.2010  01:03 Sun | Comment : 0 | Jazz

Charles Mingus / Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus ('63)

 
Charles Mingus / Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus ('63)
チャールズ・ミンガスのいわゆる「ファイブ・ミンガス」。この音楽はヘヴィメタルよりヘヴィだ。ところで同窓会の幹事のコから「写真をたくさん撮ってくれてありがとう。みんなに配るからCD-Rください。」とメールが来たよ。なんと!?撮れてるかどうかもわからんのに。それに自分で現像しようとしてるのに失敗してしもたらどうしたらいいや。映画「おとなり」は映画はアレだったけど岡田准一は同窓会でうまいこと写真撮ってたな。そんなことより麻生久美子はいいなぁ。
直立イケメン
Lumix GF1 / Lumix G 20mm f1.7 ASPH
posted at 07.08.2010  02:45 Thu | Comment : 6 | Jazz

渡辺香津美 / Jazz Impression ('09)

 
渡辺香津美 / Jazz Impression ('09)
渡辺香津美のJazz回帰アルバム「Jazz Impression」。この間京都のRAGと神戸のチキンジョージで渡辺香津美のトリオのライブを観させていただいたよ。京都の時は「Jazz回帰」という言葉を短絡的にとらえ過ぎててよくわからんかったけど神戸のときはがつーんときたな。演奏もこっちの方が良かった気がするし。インプロヴィゼーションで絶頂に達しようかというときにロックの人だとギュイーンってノイジーな方向に行ってしまいがちなところを渡辺香津美は技術的に破綻することなく音楽的にブチギレていく様が圧巻だったな。足下にケンタウルス、ランドグラフ(たぶん)、BB Preampという豪華なオーバードライブ/ブースターが並んでいたなぁ。テクニシャンの方にどういった使い分けなのか?と質問したけど本人にしかわからんってことだったよ。
穴があったらまんまとはめられたいわ
Nikon FM2n / Sigma 15-30mm EX DG ASPHERICAL f3.5-4.5 / Kodak Tri-X400
posted at 03.08.2010  18:57 Mon | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

June Christy / Something Cool ('55)

 
June Christy / Something Cool ('55)
ジューン・クリスティーの「サムシング・クール」。あんまり色気はなくてどっちかいうと清楚な感じで、それはそれでええ感じだなぁ。「朝日のようにさわやかに」はまさに爽やかだ。いくつか写真を見てもまさにイメージ通りの容姿だし。素晴らしい。そうえいばバンキシャ、東大のおねーさんが出てたときはなんだかどうも見る気がしなかったけど今の担当のおねーさんは見た目清楚そうでええ感じだなぁ。あと朝はめざましがうざいのでズームに変えた。
何かつめたいものを飲み過ぎでおなかチャポチャポだ
Pentax SP / Pentax smc Takumar 28mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 12.07.2009  10:01 Mon | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

Ray Bryant / Ray Bryant Trio ('57)

 
Ray Bryant Trio / Ray Bryant Trio ('57)
レイ・ブライアントの「Ray Bryant Trio」。これが代表作なのだそう(これしか持ってないのでよく知りませんの)。知ってる曲が多く入ってるので聴きやすいよ。ブルーな曲もあまり重くならなくて、それよりも美しさが際立つ演奏だ。のっけの「Golden Earrings」やセンチメンタルな「Django」はとにかく美しいな。沈鬱っぽい「Angel Eyes」や「The Thrill Is Gone」も音数が少なく風通しがいい。神妙すぎずにわかに前向きな印象すらするほどで好きなのだなぁ。
私を暗くてビールの冷えた店に連れてって
Pentax SP / Carl Zeiss Jenna Tesser 50mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 11.20.2009  15:57 Fri | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

Miles Davis / In a Silent Way ('69)

 
Miles Davis / In a Silent Way ('69)
マイルス・デイヴィスの「イン・ア・サイレントウェイ」。全2曲だ。カルロス・サンタナが「A Defferent Kind of Blue」の中で「In a Silent Way」は癒しだぜ、と語っていたけどまさに。ロックバンドのプログレ的な曲におけるギターやキーボードの浮遊のさせ方はこのアルバムが最初のマイルストーンになったのかなぁ、とか思う。今日は少し寝不足なので余計にクラクラするよ。マイルスはもとより、ウェイン・ショーターのソプラノサックスにチビリそうになるなぁ。
太ったのはあんたのせいや
Lumix GF1 / Lumix G 20mm f1.7 ASPH
posted at 10.29.2009  16:45 Thu | Comment : 1 | Trackback : 0 | Jazz

渡辺香津美 / Mobo ('83)

 
渡辺香津美 / Mobo ('83)
渡辺香津美の「Mobo」。リズム隊がスライ&ロビー、といえばこのアルバムとボブ・ディランの「Infidels」は同年リリースで、たしかに当時やたらと二人はトレンディだったような印象があるんだけど、だけど実際いずれのアルバムにおいても彼らの存在はでかいなぁと思う。全然違う種類の音楽なのに完璧に機能してるばかりかそれぞれの音楽を少ない音数で豊かにしてるのだなぁ。素晴らしい。というわけで20日のトミー・エマニュエル大阪公演。香津美さんとのジャムはぶっ飛んだ。ほとんどリハ無しだなんてどう考えても信じがたい、まさに予定調和一切無しの格闘技セッションだったなぁ。それとトミーのギターの音は今まで観た中ではもっとも大きなホールだったのに関わらず音質、音圧ともに非常に良かった。それとそれとドクターストップを喰らってるのかお酒を飲んでないようでとても健康そうに見えたたし前回よりもプレイにも振る舞いにもキレがあって安心したな。
押してばかりやのうて引いたりもしてみやんと
現像待ちなので今日のところはケータイカメラ
posted at 10.26.2009  01:46 Mon | Comment : 6 | Trackback : 0 | Jazz

Nina Simone / At the Village Gate ('62)

 
Nina Simone / At the Village Gate ('62)
ニーナ・シモンの「アット・ザ・ヴィレッジ・ゲイト」。「Just In Time」の間奏部分、ニーナの短いハミングの後ポロンポロンと弾かれる…ちょっとクラシカルな味わいもあるピアノソロがめちゃめちゃキュンとくるよ。ムダな音一切なしでステディに刻むリズムセクションとの対比が美しい。それになんていい曲なんだろうか。続く「He Was Too Good To Me」や「朝日のあたる家」の、まるで管楽器のようにふくよかな歌声に癒されるなぁ。ニーナは素晴らしい。
アット・ザ・酔っぱらい村
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 02.04.2009  05:33 Wed | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

Mal Waldron Quintet / Mal-1 ('56)

 
Mal Waldron Quintet / Mal-1 ('56)
マル・ウォルドロンの初リーダー作「Mal-1」。「Yesterdays」はなんて素晴らしいのだろうか? アレンジもしびれるし各ソロも曲に溶け合ってるよ。ピアノを引き継いでアルトのソロがするするっと入り込んでくる部分はチビリそうなくらいかっちょいい瞬間だなぁ。ところで引越し前にヤフオクにいらんもん大量出品だぜ。ジャンクが多いねんけどみんなじゃんじゃん争ってくれー。開始価格はずいぶんお値打ち価格やねんけど反応悪いねんなぁ。
燃えよドラゴンもいいけどドラゴンへの道は特にいい
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 01.28.2009  18:47 Wed | Comment : 2 | Trackback : 0 | Jazz

Pat Metheny Group / Offramp ('81)

 
Pat Metheny Group / Offramp ('81)
パット・メセニー・グループの「愛のカフェオーレ」。なぜにカフェオーレ…? 初めて聴いた時のGRギターシンセのサウンドは衝撃的だったなぁ。昔大阪駅前ビルのどこかにローランドのショールームがあってローランド製品を自由に触ることができたのだけど普通にメセニーと同じような音が出たのでそれでまた驚いたりしたな。2曲目の「ついておいで(!)」のライル・メイズのシンクラヴィアによるハーモニカみたいな音もかっちょいいな。で、今日はちょっと疲れた。
左折したらば行き止まり
Nikon FM2n / Sigma Zoom28-300mm DG MACRO f3.5-6.3 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 12.26.2008  13:29 Fri | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

Nina Simone / Soulful Anthology ― The Colpix Years

 
Nina Simone / Soulful Anthology ― The Colpix Years
ニーナ・シモンの「ソウルフル・アンソロジー・オブ・ニーナ・シモン ― コルピックス・イヤーズ」。ソウルフルということではRCAイヤーズが一番グッとくるけどコルピックスのもいいなぁ。「Trouble in My Mind」がどんなのか期待したけどニューポートのライブと一緒だった。「パンパーン」ってやつ。もちろん素晴らしいのだけどせっかくなので別のがあるなら聴きたかったよ。どばっと出た紙ジャケシリーズもあんまし買えずじまいで店頭から消えていってるなぁ。
目がぼやけてブルーだ
Nikon FM2n / Sigma Zoom28-300mm DG MACRO f3.5-6.3 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 11.25.2008  10:42 Tue | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

John Coltrane / Live at the Village Vanguard ('61)

 
John Coltrane / Live at the Village Vanguard ('61)John Coltrane / Live at the Village Vanguard ('61)
ジョン・コルトレーンの「ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」。LP両面で3曲。だんだん人が減って3曲目はピアノレス・トリオ。でもどれも素晴らしいなぁ。わけはよくわからへんけど萌えるぜ。フリーっぽ過ぎじゃないから自分には聴きやすいなぁ。「Love Supreme 」もかっちょいいけどちょっと厳つすぎて息苦しいところも。それよかこっちのヴィレヴァンは開放感がいい。「朝日のようにさわやかに」はさわやかじゃないけど。
吠える吠えるよハウルは吠える
Nikon FM2n / Sigma AF 90mm MACRO f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 11.12.2008  20:27 Wed | Comment : 6 | Trackback : 0 | Jazz

Chris Connor / At the Village Gate ('63)

 
Chris Connor / At the Village Gate ('63)
クリス・コナーの「ヴィレッジ・ゲイトのクリス・コナー」。情感を押さえ気味にクールに歌うストイシズムが素晴らしいライブ。だけどそこはかとなく色っぽさもちょいちょいと。それにしても仕事がつまってきた。案件だけで音沙汰なしのも動き出したらえらいこっちゃだぜ。あと電装関係のリペアに出してたストラトが出来上がってきたのだけどずいぶん良くなったな。よっしゃよっしゃ。ディストーションを手に入れなきゃ。やっぱりZ.Vex Box of Rockがいいかなぁ。
盤石邸
Agfa Optima Sensor / Solitar 40mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super100
posted at 06.22.2008  00:16 Sun | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz

The Mahavishnu Orchestra / The Inner Mounting Flame ('71)

 
The Mahavishnu Orchestra / The Inner Mounting Flame ('71)
マハヴィシュヌ・オーケストラのファースト「The Inner Mounting Flame」。ジムで走るときは、一旦走り始めたら5kmまでは止まらないという決まりにして実践してるのだけどなんしか辛いわけで。最近はiPodにジェフ・ベック・ライブを入れて聴いているのだけど、そういえばマハビシュヌ・オーケストラもいいかも? ギターだのヴァイオリンだのがうりゃうりゃ鳴って頭真っ白になりそうで良さそうだ。あとビリー・コブハムの気違いじみたドラムも。
まだまだ走れるぞきみ
Nikon FM2n / Sigma Zoom28-300mm DG MACRO f3.5-6.3 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 06.12.2008  21:46 Thu | Comment : 2 | Trackback : 0 | Jazz

Ella Fitzgerald / "Mac The Knife" Ella in Berlin ('60)

 
Ella Fitzgerald /
エラ・フィッツジェラルドの「エラ・イン・ベルリン」。あかん、ちょっと部屋を片付けしてリセットせんと集中力が切れまくるなぁ。それはそうとずいぶん前にCDプレイヤー(というかCD-R)がつぶれて以来MacでCDを再生していたのだけどなんか落ち着かんくて機械買おうとヤフオク予算5千円までで物色してたらやっぱり無理があり、そういえば要修理のプレイヤーが押し入れの奥にあることを思い出し自分で修理に挑戦。トレイが出てこなくなっただけなのでちょっとしたことで直るやろとか思ってたら、なんと輪ゴム1本で直っちゃったぜ。よっしゃよっしゃ。Marantz CD650はベルギー製で、80年代らしい直線的なデザインがしのびないけど、アナログ的な甘い音(もっさりした音ともいう?)が気に入っているのよね。さすがチョコの国だぜ。
ベルギー人は虫歯が多いだろうか?
Nikon FM2n / Sigma Zoom28-300mm DG MACRO f3.5-6.3 / Kodak Tri-X400
posted at 04.25.2008  11:25 Fri | Comment : 2 | Trackback : 0 | Jazz

Jelly Roll Morton / Legacy of Bluebird "Jelly Roll Morton" ('90)

 
Jelly Roll Morton / Legacy of Bluebird
ジェリー・ロール・モートンの1926年から29年、それに38年、39年の録音を収めた作品集。「Legacy of Bluebird」としてたくさん出たうちのジェリー・ロール・モートン編。このシリーズ、いずれも素晴らしいな。当時もっと買えたらよかったのに。アレンジがすっきり目でブレイクがタイトだしボトムが太いしとてもロッキンでかっちょいい。でもノイズリダクションのせいか音が気持ちおとなしめのような気も。でっかい音でベースをブイブイに効かせて聴かなきゃ。
お酒はいいな
Agfa Optima Sensor / Solitar 40mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 04.04.2008  10:37 Fri | Comment : 2 | Trackback : 0 | Jazz

Hampton Hawes / Vol.1: The Trio ('55)

 
Hampton Hawes / Vol.1: The Trio ('55)
ハンプトン・ホーズの「Vol.1: The Trio」。軽快なので仕事がはかどるかなぁ、と思って久しぶりに聴く。ピアノの音色が明るいなぁ。ゆうべしょうもない居酒屋で飲んでたら座った席がちょっと奥まった位置で、そんで周りの人が全員タバコ吸いまくっててめちゃめちゃ気持ち悪くなった。あんまり気持ち悪いのですぐに出たのだけど帰り道あやうく電車で吐きそうになったぜ。あぶなかったなぁ。昔はあんなに吸ってたのになぁ。うーん。
祝!青い三角定規復活
Nikon FM2n / Ai-s Nikkor 28mm f2.8 / Fujifilm Superia100
posted at 04.01.2008  14:53 Tue | Comment : 4 | Trackback : 0 | Jazz

Sony Clark / Cool Struttin' ('58)

 
Sony Clark / Cool Struttin' ('58)
ソニー・クラークのジャケがあまりにも有名なBlue Note盤「クール・ストラッティン」。初っぱなタイトルトラックのレイジーなノリがいいなぁ。ジャズらしいジャズを聴くのはずいぶん久しぶり。アレルギー性っぽい鼻炎と風邪気味なのとで鼻がずりずり目もしょぼしょぼで鬱陶しい。明日はドルフィンギターズの10周年イベントでキーラン・マーフィーと押尾コータローと岸部眞明を聴くよ。キーラン楽しみ。風邪をなんとか抑え込まなきゃ。
色気ない脚だと言わないで
Nikon FM2n / Ai-s Nikkor 20mm f3.5 / DNP Centuria400
posted at 11.18.2007  11:47 Sun | Comment : 0 | Trackback : 0 | Jazz
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。