Search ...Mojo Workin'

Recent Posts

Categories

Cameras

Archives

Recent Comments

Meta

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted at --.--.--  --:-- -- | スポンサー広告

Lowell Fullson / Baby Won't You Jump With Me

 
Lowell Fullson / Baby Won't You Jump With Me
ロウェル・フルソンの初期の録音をまとめた「Baby Won't You Jump With Me」。生ギター(?)によるカントリーブルースっぽいのもいくつかあって渋い。でもフルソンはジャンプナンバーがかっちょいいね。ギタープレイは素晴らしいし歌がソウルフルでうまいのだなぁ。ところで久しぶりにポータブルプレイヤーを引っぱり出してLPを聴いたよ。相変わらずひどい回転ムラだわいな。酔っぱらって気持ち悪ぅみたいな感じ。仕事向きじゃないなぁ。そうだ売っちまおう。
お酒を飲むのは仕事が終わってからにしよう
Nikon FM2n / Sigma Zoom28-300mm DG MACRO f3.5-6.3 / Kodak Tri-X400
スポンサーサイト
posted at 08.28.2010  14:13 Sat | Comment : 0 | Blues

Lightnin' Hopkins / The Complete Aladdin Recordings

 
Lightnin' Hopkins / The Complete Aladdin Recordings
ライトニン・ホプキンスの「The Complete Aladdin Recordings」。ライトニンの最初期の録音集。ピアノとドラムがサポートしたジャンプナンバーがあったりしてかっちょいい。唸るほど小節割りがいいかげんなのによく合わせられるなぁ(途中怪しい?)。でもなんちゅうてもライトニンは弾き語りのおもっきしディープなのがガツンとくるよ。手グセっぽいリフと着地点の見えない怪しいフレージングの塩梅が酔っぱらった耳に心地いい。夜中に聴くブルースはいいなぁ。
気分がとてもBADなので顔色が悪いのだ
Lumix GF1 / Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-F5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
posted at 08.21.2010  04:31 Sat | Comment : 2 | Blues

B.B. King / Live at the Regal ('64)

 
B.B. King / Live at the Regal ('64)
BB Kingの「ライブ・アット・ザ・リーガル」。ぼくが持ってるのは白いジャケットの方だけどこっちの方がかっちょいいね。とにかくギターの音が太い。「Sweet Little Angel」の終盤のソロはいつ聴いてもしびれるなぁ。アルバム通してころころ変わる音色はピックアップセレクターじゃなくてバリトーンスイッチによるものなのかな? ガチャガチャスイッチさわったことないからイメージ湧かんわいな。うんと昔にアンプの試奏でルシールを弾いたことがあったのに当時ガチャガチャにまったく興味がなくていっさい触らんかったなぁ。うーん
キング・オブ・太郎だ
Lumix GF1 / Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-F5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
posted at 08.18.2010  11:14 Wed | Comment : 2 | Blues

Lowell Fulson / Hung Down Head ('54)

 
Lowell Fulson / Hung Down Head ('54)
ローウェル・フルソンの「Hung Down Head」。めちゃめちゃ久しぶりだ。「Reconsider Baby」のソリッドで生々しいギターは素晴らしいな。ペケペケなのにすごい太い音って印象だ。やっぱりクラプトンとはちがうなぁ。叙情的すぎるというか情緒垂れ流し過ぎというか説明臭すぎというか?よくわからないけどクラプトンのブルースは面白くないのだなぁ。しかしこの不景気、来年仕事あるんかしらんね? 今年は技術的に対応できない案件ばかりだったよ。習い事しなきゃ。
太郎の塔は面白くないことでもあったのか?
Zorki-1 Type-E / LZOS Industar-50 50mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 12.15.2009  13:47 Tue | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

Earl Hooker / G.M.B.G.

 
Earl Hooker / G.M.B.G.
アール・フッカーの「G.M.B.G.(グランド・マスター・オブ・ザ・ブルース・ギター)」。「Off The Hook」「Two Bugs And A Roach」のギターはかっちょいい。「The Hook」はスティーブ・ミラーとのセッションだそうで、ちょっとやかましいかな。セッションにもよるけどハリのあるクリーンなギターサウンドがたまらないな。ピックアップをマメに切り替えたりして音色のコントロールも繊細だし、ワウワウ使っても決してロックっぽくならないのだなぁ。素晴らしい。
フックはブラシを最大5本までオッケーだ
Voigtlander Vito B / Color Skopar 50mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 11.26.2009  17:32 Thu | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

James Cotton Blues Band / Live & On the Move ('77)

 
James Cotton Blues Band / Live & On the Move ('77)
ジェームズ・コットン・バンドの「Live & On the Move」。裏ジャケはこのまんま後ろ姿なのだけどあんまりきれいくないけつなのよね。ところでヤフオクいらんもん大放出作戦は大いに盛り上がって終了したよ。みなさんたくさんの入札ありがとうございました。いつもそうだけど品物が届いてから思いのほかぼろいじゃねーかというので怒り出す人がいないかヒヤヒヤするなぁ。商品説明にうそばっかり書いてるわけじゃないけれど、いろいろ解釈の違いもあるわけで…。
バドガールって昔しょっちゅう見た気がするのになぁ
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 02.05.2009  22:47 Thu | Comment : 4 | Trackback : 0 | Blues

Big Mama Thornton / Jail ('75)

 
Big Mama Thornton / Jail ('75)
ビッグ・ママ・ソーントンの監獄慰問ライブ「Jail」。「Little Red Rooster」を歌い終えた後の「Thank You Very Much Gentleman」ってのでここには男しかいないのだって思い知らされるよ。BB Kingの「Live In Cook County Jail」はおっさんの声に混じってレディの黄色い声援がたくさん聞こえるのはなんでなのだろうか? それはともかくこのレコードのギターの音はいいなぁ。たぶんギブソンなのかな? いかにもツイン・リバーブに直結してまあまあボリューム上げました的な音で、張りのあるいい音。ところでちょっと事情があって新しくレンタルサーバを借りたのだけどアホの子になりきって(ってかなんもわからへんし)サポートに質問メールを何度も送りまくってたら返事がぱったり来なくなったよ。うーん。
ドクター・サラ・タンクレディが好きだぁ
BelOMO Agat18K / Industar-104 28mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super200
posted at 08.07.2008  18:08 Thu | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

Elmore James / The Complete Fire-Enjoy Sessions ('59-63/'84)

 
Elmore James / The Complete Fire-Enjoy Sessions ('59-63/'84)
エルモア・ジェイムスの「サムシング・インサイド・オブ・ミー:コンプリート・ファイア-エンジョイ・セッションズ」(リンクは同じような内容っぽいCD)。「The Sky is Crying」のスライドギターのヒリヒリするほどの生々しさは尋常じゃないなぁ。ファイアの録音はクリアだぜ。あとエルモアはほんとに歌がうまいしいいノドだなぁ。ところで自分のノドは今に至って恨めしいほどへなちょこだなぁ。おっさんになったらてっきり渋い声になるものと思ってたのに。
空は泣き出しそうだけど海はしらーっとしてるよ
Nikon FM2n / Sigma Zoom28-300mm DG MACRO f3.5-6.3 / Kodak Tri-X400
posted at 06.01.2008  21:52 Sun | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Otis Rush / This One's a Good'un

 
Otis Rush / This One's a Good'un
オーティス・ラッシュの「This One's a Good'un」(リンクはよさげなコブラ集。ジャケ写のトリミングがいい)。もやーんと霧が立ちこめたみたいな音塊の中でギターだけがやたら切り込み鋭く鳴ってるよ。ブルースのアルバムはこうでなきゃ。ついつい音量がでかくなってしまう。でもフェードアウトあっさりし過ぎ! シカゴ電化ブルースの泥臭さとBB的スクィーズの粘りとR&B的軽さが普通に同居してて面白いなぁ。昔アムホールで観たラッシュはもひとつやったなぁ。
キャントクイッチューベイベー
Olympus Pen S2.8 / D.Zuiko 30mm f2.8 / Ilford HP5 Plus400
posted at 05.20.2008  19:00 Tue | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Howlin' Wolf / Moanin' in the Moonlight ('59)

 
Howlin' Wolf / Moanin' in the Moonlight ('59)
ハウリン・ウルフの「モーニン・イン・ザ・ムーンライト」。タイトル・トラックはまるでホラーだなぁ。先日打ち合わせやなんやらで富山に行ってきて非常に盛りだくさんに過ごした。住出勝則&ダグ・スミスのライブも旅先で観れたし。せっかくの富山、写真でよく見る雪の壁の間を通るやつ、行ってきたぜ。壁の高さが今年は低めで16mとか言ってたのでのけぞった。雪が16m積もってるって! 高い時は20mを超えるんだそうな。うっかり日焼け止め塗らずにうれしがって雪の中で過ごしたら首から上だけが真っ赤でとても具合の悪い人みたいになってしもうた。今は早速皮がむけ始めてちょっと痛かゆくて具合が悪いし。あと「剣岳 点の記」ロケ隊に遭遇して浅野忠信を見た。不安になるくらい頭が小さくてかっちょよかったなぁ。不安、というのは、人はこんなに頭が小さくても大丈夫なのか?とか、同じ人間として自分の頭がこんなにも大きいのは恥ずかしいことか?とか、色々。
Moanin' at the Forest
Agfa Optima Sensor / Solitar 40mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 04.23.2008  18:19 Wed | Comment : 4 | Trackback : 0 | Blues

V.A. / Street Walkin' Blues: 25 Plaintive Paeans To The World's Oldest Profession, 1924-1956 ('90)

 
V.A. / Street Walkin' Blues: 25 Plaintive Paeans To The World's Oldest Profession, 1924-1956 ('90)
よくわからないけど主に戦前ブルースのコンピ「Street Walkin' Blues ...」。仕事が完全にあかんモードにどっぷりだぜ。がんばらなきゃ。マクプロはなるほどうなるほど速いけどたまにスコッとアプリが落ちるなぁ。あと長時間スリープ後に復帰させるといきなり再起動ってことが何回かあって、省エネ設定でマズってるんかなと思ったけどネットで調べたらおんなじこと書いてる人がいるわいるわ。誰かが書いてた通りSMCをリセット&PRAMクリア×5回したら治ったよ。
久しぶりにがっつり飲みにいきたい。
ケータイのあかんカメラで酔っぱらって…
posted at 02.11.2008  22:06 Mon | Comment : 5 | Trackback : 0 | Blues

Muddy Waters / Muddy Waters At Newport ('60)

 
Muddy Waters / Muddy Waters At Newport ('60)
マディ・ウォーターズのライブ「At Newport」。なんちゅうても「I've Got My Mojo Workin'」だぜ。Part2の途中でおねーちゃんたちの黄色い声がするのはマディが腰とか振ってるからかな? YouTubeか何かでそんなのを見た気がする。それにしてもすごいバンドサウンド。ギターとピアノとハープの絡みはたまらないなぁ。でもベースはなんでこんなにオフなのかな? ほとんど聴こえないではないか。あとAmazonのカスタマーレビューはオヤジとかあんたとかいずれもなぜに知り合いみたいな語り口なのだろうか?
本日貸切モーガンフィールド御一行様
Nikon FM2n / Ai-s Nikkor 20mm f3.5 / DNP Centuria400
posted at 11.05.2007  03:06 Mon | Comment : 4 | Trackback : 0 | Blues

Son House, Charley Patton / The Legendary Delta Blues Session ('30/'90)

 
Son House, Charley Patton / The Legendary Delta Blues Session ('30/'90)
1930年、ミシシッピ・デルタ・ブルースの巨人、チャーリー・パットン、ウィリー・ブラウン、サン・ハウス、ルイーズ・ジョンスンの4人によって行なわれた歴史的録音「伝説のデルタ・ブルース・セッション1930」。今日は朝からサン・ハウスの「Dry Spell Blues」をでっかい音で繰り返し聴いてみた。もう喉がからからだぜ。いくつかの仕事がしょうもないことで滞ってやらなきゃいかんことがどんどんたまってきたよ。もう腹立つなぁ、しかし。
今日の乾燥占い 蟹座は残念な一日でーす
Olympus 35RC / E.Zuiko 42mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 10.01.2007  10:49 Mon | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

John Lee Hooker / House of the Blues ('60)

 
John Lee Hooker / House of the Blues ('60)
ジョン・リー・フッカーのチェス盤「House of the Blues」。「Walkin' The Boogie」の音はえげつないなぁ。ボーカルのショートエコーとかわざとらし過ぎなフットストンプとかはツーマッチかなぁ。いかがわしくていいけど。典型的ジョンリースタイルのブギ「Leave My Wife Alone」はかっちょいいな。あとスローの「Union Station Blues」も。今晩、パット・メセニーとブラッド・メルドーのライブに行くっていうのになんちゅうもん聴いてるんかしらん、ぼく。
忍びない家へようこそ
Olympus 35RC / E.Zuiko 42mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 09.28.2007  15:25 Fri | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

Sleepy John Estes / The Legend of Sleepy John Estes ('62)

 
Sleepy John Estes / The Legend of Sleepy John Estes ('62)
'73年にオリコンにチャートインしたらしい「スリーピィ・ジョン・エステスの伝説」。エステスの歌を初めて聴いたのはライ・クーダーの「Boomer's Story」で、それはもうめちゃめちゃしびれる声だと思ったもんだった。あとこのジャケの鉛筆をゴムひもみたいなもんで結わえ付けたカポタストは、これこそブルースっちゅうもんやでぇ!って感動した。マネはせんかったけど。というわけでゆうべ久しぶりにちょびっと夜更かししたら眠いのなんの。
おっちゃん、眠ってはんのか?
Olympus 35RC / E.Zuiko 42mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 09.27.2007  14:37 Thu | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Lightnin' Hopkins / Lightnin' Strikes ('62)

 
Lightnin' Hopkins / Lightnin' Strikes ('62)
ライトニン・ホプキンスの「ライトニン・ストライクス」。昔サムズでけっこうなお金出して買ったのに今は普通に紙ジャケで出てるなぁ。B面1曲目のマイナー・ブルースがチューニングが怪しくて身悶えしてしまうのよね。これとあと1曲にドラム&ピアノが入る以外はアコギの弾き語りなのだけど録音時期は少し遡るのかな? 低音がおもいっきしブーミーだしチープなカラオケエコーが忍びないけど、わけのわからんことで因縁つけられてるみたいな凄みがあって素晴らしい。
今朝は雷ごろごろピカピカしたよ
Nikon FM2n / Ai-s Nikkor 28mm f2.8 / Fujifilm Superia100
posted at 08.30.2007  18:47 Thu | Comment : 5 | Trackback : 0 | Blues

B.B. King / Live in Cook County Jail ('71)

 
B.B. King / Live in Cook County Jail ('71)
B.B.キングの刑務所機構改善のためのコンサート「Live in Cook County Jail」。伸びやかなギターのトーンが素晴らしい。トーンセレクターをがちゃがちゃやってるのか音色がころころ変わるなぁ。ボーカルにレスを付けるクリーン・トーンがたまらん感じ。ところで刑務所内になぜにこんなに男女まんべんなくいるのだろうか? B.B.の語りかけにおねーちゃんの黄色い声とおっさんの野太い声が交錯する異様なムード。普通のコンサートなら当たり前なんだけど。
玉川Bジェイルにて
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 07.19.2007  09:01 Thu | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Albert King / Funky London ('70-4/'94)

 
Albert King / Funky London ('70-4/'94)
アルバート・キングのStax時代の作品集「Funky London」。ちょっと寝違えて…っていうか椅子に座ったまま眠ってしまったからか…激しく背中が痛い。肩甲骨の下あたり斜めにけっこうな範囲で痛む。どんな姿勢にしても痛むし、胃までなんだか調子が悪い。うーん。
ファンキー玉川A
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 07.18.2007  11:11 Wed | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Fenton Robinson / Somebody Loan Me a Dime ('74)

 
Fenton Robinson / Somebody Loan Me a Dime ('74)
フェントン・ロビンソンの「サムバディ・ローン・ミー・ア・ダイム」。久しぶりのブルース。アマゾンをチェックしたらこんなものまで紙ジャケが出てるので驚いた。タイトル曲はもちろん死ぬほどかっちょいいけど、「The Gateway」のエレピの音がグッとくるなぁ。録音はいかにも適当な感じでモコモコだけど素の黒さをギュッとパックしたようなレコード。ついついでっかい音になってしまうのよね。そんでギターがグイグイ突き刺さるみたいで気色いい。
ワンコ黒くてツヤツヤ
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 06.29.2007  19:53 Fri | Comment : 5 | Trackback : 0 | Blues

憂歌団 / 憂歌団 ('75)

 
憂歌団 / 憂歌団 ('75)
憂歌団のファースト・アルバム。「おそうじオバチャン」など6曲でピアノを弾いてるHANE-KEN…羽田健太郎さんが亡くなっちゃったそう。ずぅーっと前、何年も前、会社勤めしてる頃、HANE-KENさんがFM大阪で夕方にやってた「音楽の森」っていう番組がけっこう好きだったな。クラシック寄りの音楽しかかからなかったけど。それにニュース・ステーションで毎週即興でソロピアノ弾くやつもけっこう楽しみだったなぁ。なんしかご冥福をお祈りいたします。
一番暇そうな串カツ屋に入ってもそこそこ旨かった。
Konica C35 Flashmatic / Hexanon 38mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 06.05.2007  22:13 Tue | Comment : 4 | Trackback : 0 | Blues

Robert Johnson / King of the Delta Blues Singers ('36-7/'66)

 
Robert Johnson / King of the Delta Blues Singers ('36-7/'66)
ロバート・ジョンソンの最初のLP「キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ」。最初に聴いたのはVol.2の方で、聞けばクリームの「Crossroad」のオリジナルはロバジョンなのだ、ということでVol.2にそれが入っていないことにとてもがっかりしたものだった。そんで何年か後にようやっと買って聴いてみたらクリームのとは全く別モンなのだ、ということを思い知らされるのだけど。なんしか好きなんだか嫌いなんだかわからないけど折に触れて聴くLP2枚だなぁ。
スクランブル“クロスロード”交差点
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 04.11.2007  12:05 Wed | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

憂歌団 / Lost Tapes ('05)

 
憂歌団 / Lost Tapes ('05)
買いそびれてた憂歌団の「Lost Tapes」をついに…っていうかアマゾンでついでがあったのでポチッとしたのが今日届いたよ。デビュー直前の一発録り、しかもリミックスなしの録りっぱなしらしい。「Blues 1973-1975」と録音が一部かぶるのだけどより生々しい気がする。木村さんのリズムギターがよく聞こえるもんですごいグルーヴを感じるなぁ。「君といつまでも」のスタジオ録音や「ハイそれまでヨ」みたいなもんも入ってるけど、なんちゅうても「おそうじオバチャン」のピアノなしバージョンが燃えるぜ。あと「Shake Your Money Maker ~スモーキン・ブキ」も。憂歌団って最初から破格にすばらしいバンドなのねぇ。毎年ライブ観に行ってたのが懐かしいなぁ。フツウに飲みに行くみたいな感じで行ってたもんね。
憂鬱な階段
Konica C35 EF3 / Hexanon 35mm f2.8 / Kodak Tri-X400
posted at 02.25.2007  21:12 Sun | Comment : 6 | Trackback : 0 | Blues

Robert Jr. Lockwood / Steady Rollin' Man ('72)

 
Robert Jr. Lockwood / Steady Rollin' Man ('72)
昨年11月21日、91歳の大往生で亡くなっちゃったロバート・Jr・ロックウッドの大名盤「ステディ・ローリン・マン」。シカゴのバンド・ブルースって複数のギターの絡みのなんちゅうかふくよかさがたまらないなぁ。特にロックウッドのバッキングは、ちょっと甘くていなたい音色と相まってなんとも芳醇な感じ。ロバート・ジョンソンのモダニズムをうんとうんと発展させた感じか。ルイス・マイヤーズがいきってリードギターを弾いてもこの存在感の前では小僧みたいに聞こえるよ。
道頓堀界隈
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Kodak Tri-X400
posted at 02.08.2007  02:20 Thu | Comment : 4 | Trackback : 0 | Blues

憂歌団 / 四面楚歌 ('78)

 
憂歌団 / 四面楚歌 ('78)
憂歌団の初の全曲オリジナルとなった「四面楚歌」。このアルバムのエレクトリックギターを使った曲が好きでバンドでいくつかまねっぽいことしたことあったな。内田勘太郎のストラトキャスターだと思われるエレキの音が切れ味鋭くていいなぁ。ところで先日のダイナの「Careless Love」を聴いて、アレっどっかで聴いたことあるぞ?って思ってたのだけど、なんだ花岡さん作の「波止場の霧」の元歌だったのね。ふーん。何にしてもこのは曲好きだわ。
五階百貨店
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Konica-Minolta Centuria Super100
posted at 02.07.2007  02:08 Wed | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Lightnin' Hopkins / Lightnin' And The Blues ('54)

 
Lightnin' Hopkins /  Lightnin' And The Blues ('54)
今日は久しぶりにブルースを聴いたよ(この間のあれなマディはおいといて)。ライトニン・ホプキンス「ライトニン & ザ・ブルース ~ザ・コンプリート・ヘラルド・シングルズ」。3ピースのバンド録音。電気しびれるなぁ。エレキギターの張り詰めた音色がいい。弦がぶっといからこういう音になるのかな? サウンドホールにピックアップを取り付けたアコギで弾いてるんだろうか? そういえばビデオで見たへんなカーディガン着てギブソンJ-50を弾く姿がかっちょよかったな。
病院の前をを横切るおばはん
Konica C35 Flashmatic / Hexanon 38mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 01.29.2007  18:54 Mon | Comment : 0 | Trackback : 0 | Blues

Muddy Waters / Electric Mud ('68)

 
Muddy Waters / Electric Mud ('68)
マディ・ウォーターズの「Electric Mud」。ピート・コージーともう一人の人によると思われる終始弾きっぱなしのファズギターが全然あかんけど、全体的にはけっこう好きなアルバム。「フーチー・クーチー・マン」のリフとか、通常ハープが担うパートにソプラノサックスを使うってのは思いもよらずちょっとかっちょいいな。フィル・アップチャーチと思われるリズムギターもいかすしなぁ。でもマディってこういうラウドなサウンドの中で、機嫌良く歌ってるのかしらん?
林示
Rollei 35 / Carl Zeiss Tesser 40mm f3.5 / Konica-Minolta Centuria Super100
posted at 01.24.2007  11:37 Wed | Comment : 4 | Trackback : 0 | Blues
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。