Search ...Mojo Workin'

Recent Posts

Categories

Cameras

Archives

Recent Comments

Meta

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted at --.--.--  --:-- -- | スポンサー広告

Tom Waits / Mule Variations ('03)

 
Tom Waits / Mule Variations ('03)
トム・ウェイツの「Mule Variations」。ウェイツのけものじみたボイス・パーカッションとマーク・リボーの気ぃちがいっぽいギターが炸裂する「Big in Japan」は素晴らしい。他にもいろいろ。最近ダイエーのプライベートブランドの超安いビール的なものを気に入って飲んでたのだけど昨日いただきもので超久しぶりにエビスビールを飲んだらこれが衝撃的な美味しさだった。そんでそのあとダイエーのを飲んだら仰け反るほど水っぽかったよ。うーん。
ヱビスピンチョスあります。
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Kodak SuperGold 400
スポンサーサイト
posted at 12.28.2009  14:51 Mon | Comment : 0 | Trackback : 0 | Rock (US) male

YMO / Faker Holic ('79)

 
YMO / Faker Holic ('79)
YMOの初めてのワールドツアーを収めた「Faker Holic」。『公的抑圧』でオミットされていた渡辺香津美のギターがちゃんと入ってる。フュージョンくさくて違和感ありとの否定的な話もあるそうだけどそうかな? 技術的な事情もあってライブでは渡辺香津美のようなソリストが不可欠だったわけだし、自在なバッキングもかっちょいいしバンドへの貢献度は相当高いと思うけどな。むしろプログラミングの依存が少なそうなこのツアーの人力ライブこそ好きだぜ。
在中華街少年少女
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Kodak SuperGold 400
posted at 09.26.2009  17:04 Sat | Comment : 2 | Trackback : 0 | Rock (JP)

Feist / Let It Die ('04)

 
Feist / Let It Die ('04)
カナダのシンガー・ソング・ライターさんFeistの「Let It Die」。アコースティックなのばかりと思ってたらちょっと昔のお洒落さんっぽいサウンドも入ってた。シャーデーみたいな。ってあれはお洒落? よくわからないけど。ジャケが暗くて色あいが血なまぐさいので気分が萎えるなぁ。いい曲いいサウンドのもあるけどあかんやつはごっつあかんなぁ。あかんというか好かんやつ。通して聴いても全然脈絡ないではないか。プロデューサーがあかんのんちがうんか?
座敷童振り返る
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 07.15.2007  15:39 Sun | Comment : 4 | Trackback : 0 | Other

Led Zeppelin / Physical Graffiti ('75)

 
Led Zeppelin / Physical Graffiti ('75)
レッド・ゼッペリンの「フィジカル・グラフィティ」。よくは知らないけど録音時期がけっこうばらばら? A面はメタくそハードだしリズムが重すぎ。「死にかけて」とか死にそうになるよ。B面1、2曲目は後の「Presence」的に聞こえるのでとても好き。でもなんで「聖なる館」って曲がここに入ってるのだろ? 前作のアウトテイクなのかな? そんでたぶん本編はB面ラストの「カシミール」からC面以降の曲だと思うのだけど。ハードな曲ではロバート・プラントは喉がしんどそうだけどゆるい曲は気持ち良さそう。「Ten Years Gone」はいいなぁ。ところでアトランティックの創立者アーメット・アーティガンの追悼のために再結成するそうだけど歌えるんだろうか? ジョン・ポール・ジョーンズも仲間に入れてもらったそうで、それはいい話だなぁ。
死にかけの館
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 07.13.2007  10:00 Fri | Comment : 2 | Trackback : 0 | Rock (UK) male

Ani Difranco / Puddle Dive ('94)

 
Ani Difranco / Puddle Dive ('94)
アニ・ディフランコの「Puddle Dive」。このアルバムが出た頃だと思うのだけど雑誌に載ってた写真で、なんとかっちょいいおねぇさんなのだ、というので憶えてて、しばらくして大阪のFM802のもひとつな女DJの番組で、アコギ1本のスタジオライブを聴いて、そのパンキッシュなプレイにぶっ飛んでしまい、大急ぎでこれも含めて3枚まとめて買ってみたら、実はアニさんは腕が太くてちょっと乱暴そうな雰囲気の人で、しかも脇毛を生やしたりしてるので少しひいてしまったり、あとボーカルの、なんていうか発声法がちょっと好みじゃなかったり、そんなんで以来あんまり聴かなかった人。でもギタープレイはめちゃめちゃ強烈なのです。そんで今頃になって改めて聴いてみたら歌も含めてとても気に入ってきたり。なんしかライブで熱烈聴きたい人だなぁ。
ハードコア換気扇
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 07.11.2007  13:06 Wed | Comment : 0 | Trackback : 0 | Other

Steely Dan / The Royal Scam ('76)

 
Steely Dan / The Royal Scam ('76)
スティーリー・ダンの「幻想の摩天楼」。カールトンのソロだけじゃなくてギターはいずれの曲もかっちょいいな。ところでアマゾンのカスタマー・レビューをちょっと読んでみたらあまりにもいかめしいレビューが並んでいたので笑うてしもた。でも、ルカサーのインタビューが云々って書いてる人がいたけどぼくもそれ読んで買ったんだったと思う。あとMCAの輸入盤のプレスの酷さを思い知らされた最初のLPだったかなと思う。ところで風邪がなかなか治らないなぁ。脳みそ減ってしまうんちゃうか?ってくらい鼻が止まらない。
修復中の摩天楼
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 05.07.2007  22:43 Mon | Comment : 4 | Trackback : 0 | Rock (US) male

John Renbourn / The Lady and The Unicorn ('70)

 
John Renbourn / The Lady and The Unicorn ('70)
ジョン・レンボーンの「レディ・アンド・ユニコーン」。“中世アルバム”と特徴づけられているらしくて、なるほど古楽然としたメロディばかり。鉄弦ギターの音のテンション感がチェンバロとかリュートみたいな楽器を想起させるし、バイオリンとかの音もなんだか古めかしい(古楽器っぽいという意味で)。だけどシタールとかエレクトリック・ギターとかピアニカ(メロディオン? メロディカ?)とかも使われてて自由な発想で作られてる感じがしていいなぁ。
今や南港インテッックスも古色然とした佇まい
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 04.12.2007  09:21 Thu | Comment : 2 | Trackback : 3 | Rock (UK) male

Robert Johnson / King of the Delta Blues Singers ('36-7/'66)

 
Robert Johnson / King of the Delta Blues Singers ('36-7/'66)
ロバート・ジョンソンの最初のLP「キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ」。最初に聴いたのはVol.2の方で、聞けばクリームの「Crossroad」のオリジナルはロバジョンなのだ、ということでVol.2にそれが入っていないことにとてもがっかりしたものだった。そんで何年か後にようやっと買って聴いてみたらクリームのとは全く別モンなのだ、ということを思い知らされるのだけど。なんしか好きなんだか嫌いなんだかわからないけど折に触れて聴くLP2枚だなぁ。
スクランブル“クロスロード”交差点
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 04.11.2007  12:05 Wed | Comment : 2 | Trackback : 0 | Blues

The Innocence Mission / We Walked in Song ('07)

 
The Innocence Mission / We Walked in Song ('07)
イノセンス・ミッションの「ウィ・ウォークト・イン・ソング」が最近のヘビーローテション。エレクトリックギターと他のアコースティック楽器の混ざり具合が気色いいな。フワフワして不安定なボーカルも音数の少ないアンサンブルもすごく気持ちいいアルバム。話は猛烈にそれるけどカラーと白黒写真の組み合わせといえば肝油ドロップを思い出すなぁ。あれはおっきな缶があったりするとつい食べ過ぎてしまう。たまに猛烈に食べたくなったりするよ。
浮遊する不気味なサンタ
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 03.30.2007  12:09 Fri | Comment : 0 | Trackback : 0 | Rock (US) female

Billy Preston / The Kids & Me ('74)

 
Billy Preston / The Kids & Me ('74)
ビリー・プレストンの「キッズ・アンド・ミー」。「Nothing from Nothing」はやっぱりいいなぁ。

先日友達がビートルズのルーフトップ・コンサートの映像を見たいというので、一部だけならってことでテレビでやったのを録画した「アンソロジー」のダイジェスト版を久しぶりに再生した。解散間際「ゲットバック・セッション」のあたりでビリー・プレストンが出てきたよ。わしやめると言い出したジョージが復帰する際に、だめだめバンドのカンフル剤として連れてきた外部のミュージシャンとして。改めて見るとほとんど子供みたいな顔してるなぁ。当時いくつだったんだろ? ビートルズだって全員まだ20代じゃなかったのかな? でかい仕事してるなぁ。
Two from tow ...
Ricoh Auto Half S / Ricoh 25mm f2.8 / Konica-Minolta Centuria Super400
posted at 02.25.2007  02:14 Sun | Comment : 0 | Trackback : 0 | Soul Music
AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。